製品紹介」カテゴリーアーカイブ

パナソニックのショールーム4

せっかくなので気になった製品は全部ご紹介します。

キッチンですが、この引き出しの中に

「ムシスルーキャビネット」という機能が搭載されています。

キッチンまわりや暖かい物の裏を好むあの虫ですが、

この表面を通ると「嫌な感触」を与えるそうです。

そのため危険を感じ、この場所に寄り付かなくなるそうです。

あとは「アラウーノ」も面白かったです。

水面に泡がありますが、これはタンクの中に

普通の洗剤を入れてこの状態にしています。

便座を上げて人を感知すると、

立ったまま用を足すと認識して水位がひゅっと下がるんです。

ちなみに泡はその飛び散りを防ぐ役割もあります。

長くなってしまいましたが、

ショールームを見学するのはやっぱり面白いですね。

立川だと他のメーカーのショールームが近くにあるだけでなく

ララポートやIKEAもあるので一日中、家のあれこれを考えられます。

パナソニックのショールーム3

引き続きパナソニックのショールームでの講習会の写真です。

弊社もサンルームの床材に使用したり、

お部屋の床をフローリングにしたりという際には

パナソニックのフローリングをご提案し、

実際に施工しております。

このように日焼けの前後などは気にした事はなかったのですが、

一緒に参加していた業者の方の話だと

他社のフローリングを施工し傷つかないよう歩く箇所のみを養生すると、

引き渡しの際に養生を剥がすとその箇所と周りで

かなり日焼けが目立ってしまう事が多いとの事でした。

耐久性や耐候性を含めて製品を選ぶというのが大事ですね。

パナソニックのショールーム2

ショールームで色々聞いてきたので、

引き続き製品紹介をしたいと思います。

写真のドアのミニチュアですが、

真ん中と左側が一般的なドアの蝶番があるタイプで、

左側がパナソニックオリジナルのタイプです。

ドアの右上部分に金属のパーツがありますが、

そこが蝶番になっています。

ドアの隙間が少なくなるため、

指を挟む危険が少なくなるようです。

また、ドアのシートの納め方が、

真ん中にかしめるように納まっています。

普及品のドアだと側面からもシートを張りつけるため、

側面との継ぎ目からシートが剥がれてきてしまいますが、

この場合はしっかり中に入れているので剥がれる恐れもありません。

パナソニックのショールーム1

昨日ですが、問屋さんからのご招待で

立川にあるパナソニックのショールームで

建材の説明会に参加してきました。

ショールームの中ではなく、

講習会は会議室みたいな所で行い、

その後にショールームを見学しました。

まずは講習会の様子です。

室内のドアで塗装ができるものがありました。

実際に塗料をローラーで塗ってみたのが下の写真です。

左側がベニヤ板、右側がドアと同じ素材です。

格子状の引き戸だったり、

ドアのガラス部分がルーバーになっていて、

マンションなどでもドアの開閉をせず、

風を通すことができるものもありました。

 

稲城市 伸縮門扉工事2

稲城市の伸縮門扉交換工事の写真です。

壊れた伸縮門扉を撤去して、

新しい伸縮門扉を設置します。

前回と同じブロンズ色が無い製品なので、

オータムブラウンです。

現行の製品は落とし棒が標準装備なので安心です。

 

府中市 塗装他工事4

府中市の塗装工事の写真です。

屋根は2工程目、外壁は中塗りを進めています。

外壁は低汚染・防藻タイプで

マットというのは完全艶消しタイプのことです。

外壁の意匠性をそのまま活かすため、

ツヤがあると光沢で模様が反射してしまい、

見えなくなるため、艶消しタイプで塗装しております。

展示会に行ってきました

エクステリアの展示会が流通センターで開かれていて、

問屋さんから招待を受けましたので行ってきました。

各社、宅配ポストをメインに展示しておりましたが、

私が気になったのはLIXILさんで、

9月末頃発売の新製品を展示しておりました。

カーポートなのですが、屋根材がポリカーボネートではなく、

アルミ材で施工するタイプのものです。

太陽の日差しを遮るので、夏場は重宝しそうですが、

お値段はやや高めでした。

ですがデザインも遮熱性も格段に高いので、

施工したらちょっと注目されそうなカーポートです。

 

流通センターは府中からだと、甲州街道をまっすぐ新宿方面、

環七通りを右折してただ道なりに行けば着くので、

電車・モノレールで行くよりも早く感じました。

 

小平市 テラス屋根・折戸門扉工事3

小平市の工事、完成後の写真です。

バルコニーにテラス屋根を取り付けました。

そして4枚折戸の門扉です。

キャスターの位置がどちらも柱側の門扉にあるので、

水平でなければいけない幅が少なく、

設置できる条件が大幅に広がった門扉です。

伸縮門扉だとキャスターが無いものか、

キャスターの可動域をコンクリートで水平にしないといけません。

折戸もキャスターなしのものはほとんど無いですし、

門扉の重さを支えるために柱側ではなく、

錠をする側の門扉の方にキャスターが付くものがほとんどなので、

このようなタイプはとても貴重です。

 

国分寺市 屋根・塗装工事2

先日は屋根材の紹介をしましたが、

上の写真は工事前の写真です。

ご覧の通り屋根材がボロボロになっています。

よく屋根材の劣化で問題になっているメーカーの製品ですが、

皆様の家の屋根材はどこのメーカーのどの製品を使っているか、

ご存知でしょうか?

この屋根材は2008年まで新築などに使われておりましたので、

10年を目途に塗り替えなどをお考えの方も、

塗装をしても効果が十分に発揮できませんので要注意です。

武蔵野市 テラス工事2

img_5114

img_5118

img_5117

武蔵野市のテラス工事、完成後の写真です。

屋根材は通常のポリカーボネートではなく、

熱線遮断ポリカーボネートを使用しております。

明るさを大幅にカットするわけではないのに、

しっかりと遮熱効果があるのでテラスにはピッタリです。

ちなみにテラスやサンルームに使用するポリカーボネートは

紫外線をほぼ100%カットします。

紫外線は窓ガラスを通り抜けてしまうので、

お部屋に入ってきてしまう紫外線にも有効です。