中野区」カテゴリーアーカイブ

中野区 防水工事

DSCN2608

DSCN2609

DSCN2610

中野区のベランダ防水工事の写真です。

府中の工事の前に載せようと思っていたのですが、

写真の整理をしている間にすっかり抜けておりました。

今回は一気に完成まで載せていきます。

上の3枚は下地調整をしている所までです。

DSCN2612

DSCN2613

DSCN2614

DSCN2615

 

次は上塗り2回目です。

DSCN2617

DSCN2618

DSCN2619

最後の2枚は上塗り後に乾いて完成した写真です。

 

中野区 屋根工事3

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中野区の屋根工事、完成後の写真です。

屋根材によって葺き方に縦葺きと横葺きがあります。

このディプロマットは横葺きです。

勾配が緩い場合だと横葺きの屋根材は

施工できない場合があります。

屋根工事をご検討されている方は

家の屋根勾配も確認してみてください。

中野区 屋根工事2

2015-01-20-08-37_00001

2015-01-20-08-38_00002

2015-01-20-11-18_00005

中野区の屋根工事の様子です。

下から見上げるのと、真横や上から撮影すると、

勾配がよくわかると思います。

プールの飛び込み台と同じで、

下から見上げて5mくらいは思ったほどではないと感じますが、

実際に立つと驚くほど高く感じる感覚に似ています。

 

 

中野区 屋根工事1

IMG_0787

中野区で屋根工事をしました。

ご覧のように勾配が急なので、

屋根足場が必要になります。

IMG_0788

飛散防止のためのシートもかけております。

職人さんといえども、

この勾配で足場が無いと・・・

さすがに立っていることもできないです。

中野区 屋根工事2

新しいフォルダ_00008

 

新しいフォルダ_00010

 

新しいフォルダ_00011

 

新しいフォルダ_00012

 

中野区の屋根工事、施工後の写真です。

色はグリーンですが、

陽に当たった時と、日陰の時では印象がそれぞれ違いますね。

陽が当たると明るい質感になり、

日陰だと落ち付いた質感のように感じます。

棟の部分も屋根材と同じ材質ですので、

仕上がりに統一感があります。

他の屋根材ですと、棟の部分などは

異なる材質のものを使用するものもあるそうですので、

屋根をご検討されている方はその点もご注意ください。

 

中野区 屋根工事1

新しいフォルダ_00001

 

新しいフォルダ_00002

 

新しいフォルダ_00004

 

先月、中野区で屋根工事をしました。

カメラの画像が良いせいか、

ブログに載せるためには容量を小さくしないといけないため、

少し先延ばしにしてしまいました。

今回はディプロマットを重ね葺きしていきます。

この屋根材は表面が石粒の層になっており、

屋根全体で雪止めをするため、

新たに雪止めを取付する必要がありません。

雪が降る前には工事が終わっておりましたので、

この大雪の雪止めの効果もばっちりでした。