テラス」カテゴリーアーカイブ

世田谷区 テラス・リウッドデッキ工事2

世田谷区の工事の写真です。

リウッドデッキとテラスを同時進行で施工します。

テラスの柱が来る箇所は切欠きして納めます。

テラスにはオプションの正面・側面パネルなども付けました。

他にも物置を3つ施工しました。

扉の色を赤・青・緑とどの物置にしまったか

呼びやすく扉の色も決めました。

世田谷区 テラス・リウッドデッキ工事1

世田谷区でサンルームを撤去し、

そこにテラスとリウッドデッキを作ります。

まずはサンルームを解体していきます。

昔のサンルームで、床の骨組もアルミではなく

木でつくられています。

東久留米市 テラス工事5

東久留米市のテラス工事、1階部分も完成しました。

これでアパートのオートロックに入ってからは

雨に濡れる心配が減りました。

後日、それぞれの出入り可能な門扉まで

さらにテラスを延長しました。

配線などもうまく避けて施工し、

また別のサイクルポートと高さを調整して

隙間がないように施工しました。

 

 

東久留米市 テラス工事2

東久留米市のテラス工事の様子です。

階段部分の固定用にバルコニー用の柱を別途取り寄せ、

それをテラスを固定する代用にしました。

これで強度の面も問題なく施工が可能になります。

東久留米市 テラス工事1

東久留米市でアパートにテラスを施工しました。

2階通路にテラスを設置して

雨に濡れないようにとオーナー様からのご依頼です。

ちょうどアパート中央に階段があるため、

階段上は壁がないので、仕掛けをつくらないと

固定しないといけない箇所が空中に浮いてしまいます。

 

テラス工事

先日、テラス工事をしました。

最近の家は窓にシャッターが付いているので、

シャッターの枠の分、取付スペースがなくなってしまい、

場合によって取付できないこともあります。

下見の段階でしっかり取付スペースの確認が必要です。

本当に隙間がほとんどないくらいでした。

もし取付ができなかったらその上の

破風板という所からの施工もできます。

物干しと屋根が近いため、

雨の吹き込みの影響がかなり小さくなります。

 

杉並区 バルコニー工事

杉並区でバルコニー工事をしました。

 

バルコニーは、外壁の入隅を利用して設置しました。

テラス屋根を設置してさらに別勾配のテラス屋根を設置しました。

小平市 テラス屋根・折戸門扉工事3

小平市の工事、完成後の写真です。

バルコニーにテラス屋根を取り付けました。

そして4枚折戸の門扉です。

キャスターの位置がどちらも柱側の門扉にあるので、

水平でなければいけない幅が少なく、

設置できる条件が大幅に広がった門扉です。

伸縮門扉だとキャスターが無いものか、

キャスターの可動域をコンクリートで水平にしないといけません。

折戸もキャスターなしのものはほとんど無いですし、

門扉の重さを支えるために柱側ではなく、

錠をする側の門扉の方にキャスターが付くものがほとんどなので、

このようなタイプはとても貴重です。