月別アーカイブ: 2016年6月

杉並区 塗装工事7

DSCN0494

DSCN0497

DSCN0500

杉並区の工事完成の写真です。

工事前よりも幕板や破風板を濃い色で塗ったので、

全体も引き締まって見えます。

外壁にはエスケー化研の

「プレミアムシリコン」を使用しました。

エスケー化研の同じシリコン塗料と見比べると、

ツヤが強すぎるわけではないのですが、

仕上がりがとても上品な感じです。

それを見て違うとわかるわけではありませんが、

色見本で2つを見比べるとかなり違いがでます。

杉並区 塗装工事6

034

044

DSCN0406

DSCN0408

杉並区の工事の様子です。

下塗り・中塗りが1枚目と2枚目で、

3枚目と4枚目は中塗りと上塗りのちょうど中間です。

色を変えて中塗り・上塗りがわかるようにしております。

塗る時には窓際や凹凸の部分をさきに刷毛で塗り、

その後ローラーで塗っていきます。

 

調布市 屋根葺き替え工事4

DSCN0581

DSCN0584

DSCN0585

調布市の屋根工事、完成後の写真です。

立平ロックは合計11色からお選びいただけますが、

特に弊社でお選び頂いている色は

このダークセピアという色です。

戸袋や雨樋、破風板やドアなどが

この色に近い家が多いため、

落ち着いた仕上がりになります。

杉並区 塗装工事5

030

042

049

杉並区の塗装工事の様子です。

屋根の中塗り・上塗りをしました。

2回塗ったことを証明するために、

中塗り・上塗りは同じ塗料で異なる色を使用しております。

できれば同じ色で中塗り・上塗りをした方がよいのですが、

悪質な業者が同じ色で2回塗ったと手抜きをするという

事例の報告も耳にする事もあるので、

最近では違う色で塗る希望も多くなってきております。

 

調布市 屋根葺き替え工事3

DSCN0556

DSCN0558

DSCN0563

調布市の屋根工事、ルーフィングを葺いて、

屋根材の「立平ロック」を葺いております。

屋根の勾配が緩いので、

この場合には横葺きの屋根材ではなく、

縦葺きの屋根材を用います。

 

杉並区 塗装工事4

024

027

杉並区の工事、屋根の下塗りの写真です。

下塗りの塗料は透明ですので、

このように写真に撮っておかないと、

塗ったかどうかお客様がわからないので、

不安を取り除くためにもこのように撮影しております。

028

そしてスレート屋根材の場合には、

写真のようにひび割れが発生してしまう事が多いです。

029

きちんと補修をしております。

 

なんとなく撮ってみました。

IMG_4328

今日の昼過ぎから急に天気が回復しました。

なんだか久しぶりに青空を見たような気がしたので、

事務所の裏の公園を写してみました。

月曜日は晴れていたのですが、

2日続けて雨だったので、

なんだか青空がとても久しぶりに感じております。

適度な雨は必要だと思うのですが、

梅雨時とはいえ、一週間まるまる雲・雨予報だと

気分がすっきりしないですね。

杉並区 塗装工事3

DSCN0217

DSCN0219

杉並区の工事の様子です。

洗浄も終わり、すっかり屋根も汚れがおちて、

色褪せてしまったように見えると思います。

汚れやコケが落ちただけでこんな風になるので、

塗装はまだ大丈夫と思っている方も、

このようになっているのかもしれません。

DSCN0285

DSCN0298

 

そしてシーリングの様子です。

壁面のシーリングの溝の周りがうっすら色が変わっていますが、

壁面とシーリングの密着をよくするプライマーを

塗布した跡です。

こちらを塗布している間に、

シーリングをしっかり混ぜております。

 

 

 

6月なのに

東京は今日、最高33℃まで上がったようです。

こんなに気温が上がるなんてと思っていたのですが、

2005年の6月に36℃、2011年の6月に35℃と

実は最近でも気温が上がっていたようです。

気象庁に過去のデータがあり、

6月の最高気温トップ10は上の2つ以外は

2000年以前に記録されていました。

昔もこんなに暑かったのかな?と

少し疑問に感じるところもありますが、

今日くらいの湿度だったら全然楽な方ではないでしょうか?

これにムシムシが加わったらもう大変です。

夕方になると一気に30℃を下回り、

とても楽になってきました。

昔の夏のような気分です。